一橋学院紹介movie
お電話はこちら
テストシステム

毎日10分間の「毎朝テスト」を最小単位とするテスト群を紹介します。目的別・レベル別に多種・多様なテストを用意し、さまざまな角度からアウトプット力を鍛えます。

 

 

学力確認テスト

 

gakuryokum
【目的】
入学者が一同に会して行われる最初のテストです。受験で必要な科目すべてにわたり、前期の目標である“基礎力完成(苦手分野の克服)”の出発点として、「どこが」苦手であるのかをまず提示します。
【特長】
試験直後、この成績資料をもとに「第1回個人面談」を実施し、学習方針の確認を行います。
※2020年度は中止

回数 年1回(4月)
時間 各60分
科目 受験必要科目
方式 マーク式
毎朝テスト

 

maiasam
【目的】
年間を通して行われるこのテストでは、まず、①基礎問題中心の出題を通して、授業後の復習が的確に行われているかを確認します。また、②生活面に置いては、毎日8時30分に1日を確実にスタートさせるという”生活リズム”を確立させます。
【特長】
・英語・国語は事前配布される特別教材から出題
・数学は2レベル(2種類)の問題を用意
・英語は毎回リスニング実施(2~5問)

回数 毎日(年間120回)
時間 各10分
科目 月・水・金:英語 火・木:数学or国語(クラスにより異なる)
方式 マーク式
ウィークリーテスト

 

weeklym
【目的】
「毎朝テスト」よりも広い範囲をカバーします。「定着」から「実践」へと段階的に学力を引き上げる演習問題です。レベルも実際の入試問題に近い問題を集めており、週1回のテストで”ムリなく、より本格的なアウトプット力”を養成します。
【特長】
・「チュートリアルアワー」の時間内に実施。

回数 週1回(年24回)
時間 約30分
科目 受験必要科目
方式 マーク式/記述式
タームテスト

 

thermm
【目的】
前期に4回行われる総復習テストです。
その時点までに履修した分野を素材とし、思考力や答案作成能力までも養成することができる復習テストを行うことで、本番の入試問題にも対応出来るようにしていきます。
【特長】
年に1度(前期終了後)「クラス移籍」では、この「タームテスト」の成績を基礎データとします。

回数 前期4回(原則3週に1回)
時間 各60分
科目 受験必要科目
方式 マーク式/記述式
英語強化テスト

 

eigokm
【目的】
<単語力><文法力><整序作文力><イディオム力>について、その時々の実力を測定します。通常形式のテストでは把握しにくいこれらの分野毎の底力を把握します。
【特長】
英語知識系を各分野ごとに個別に測定します。その後の勉強方針について確認できます。

回数 前期2回
方式 マーク式
公開模試

 

【目的】
全国規模で行われる模試を受験することにより、志望大学との距離を測りつつ、間近に控えた直前期に向け、学習方針の調整を行います。
【特長】
後期3回の必修模試の成績をもとに、11月~12月を中心に出願大学を決定する面談を行います。

時期 後期
ベネッセ・駿台模試 マーク式2回/記述式1回
全統模試 2回(任意)
大学別予想問題演習

 

直前期に実施。
一年間培ってきた実力を「合格力」として完成させるためのリハーサル模試です。
【目的】
文字通り、志望大学・学部の予想問題を本番と同じ時間・形式で行います。
【特長】
最終局面を迎えた受験勉強の”本当の”最終調整の場です。