一橋学院紹介movie
お電話はこちら
授業システム


一橋学院は他の予備校よりも朝早く始まります。8:30~10分間の「毎朝テストは」何かとリズムが崩れがちな高卒生の生活リズムを高校生活と同じように保つことができます。
一橋学院の必修授業には、クラスごとに「学力別基幹授業」と「入試研究ゼミ」があります。年間を通し、それらを組み合わせて受講し、「合格力」を養成します。

※前期終了後、実力の伸びに応じてクラスを移籍できる制度も用意されています。

 

必修授業

 

学力別基幹授業

〇細かいレベル設定で効率的にコア学力を構築
〇1教室あたり 20~50名
〇H(上級)・S(標準)・B(基礎)
 3段階のきめ細かいレベル設定
〇どの大学にも通用する、コアな「入試基礎力」を段階的に・網羅的に養成

 

入試研究ゼミ

〇志望大学の入試問題を見据えた授業
〇1教室あたり 10~35名
〇各クラスの志望大学のレベル・出題傾向に沿った学習を年間通して行います
〇毎回出席をとり、一人ひとりの“志望大学との距離”を見ながら進行します

 


[プライムゼミ]
〇厳選された良問を使用し、実戦形式で、「制限時間内」演習を行います。
〇解説講義や添削指導で盤石の合格力を完成させていきます。
・東大プライムゼミ[英語・数学・国語]
・一橋大プライムゼミ[英語・数学・国語]
・早大英語プライムゼミ
・慶大英語プライムゼミ

 

「共通テスト対策」

 

少人数主義の一橋学院なら「大学入学共通テスト」も安心!
〇少人数教育で<理解>を深めることで、新傾向対策も万全
〇「共通テスト英語」「共通テスト数学」など、必要な専門講座の設置
〇配点比重が増す英語のリスニング対策が必要な場合は、カスタマイズ講座で強化可能

 

 

カスタマイズ講座

 

「ニーズ」に応えるオプション講座
〇必修授業に加えて、有料自由選択講座「パーソナル時間割」を実現
〇「カスタマイズ講座」には、①他のクラスの必修授業になっている講座と、②いずれのクラスの必修授業でもなく独立して設置される講座があります。(時間割等の制約がありえます)

 

[独立設置講座]
英語:英語4技能対策(リスニング)
数学:マスター数学Ⅲ
小論文:小論文・志望理由書総合講座
理科:農学・医療系生物

 

 

毎朝テスト

 

午前8:30「毎朝テスト」がスタートします。1回10分とはいえ、英語72回、数学・国語各48回からなるテストには受験必須の基本事項がぎっしり網羅されていると同時に、毎回テスト終了後に配布される「解説」で知識をさらに整理・定着させることができます。また、このテストは「授業→復習」サイクルの達成度を確認させてくれる、キミの大切な1年間のペースメーカー的存在でもあるのです。

 

毎朝テスト、ココが凄い!
10分間に最重要事項を満載。集中力と瞬発力を養成
マークシート使用の選択肢で、「共通テスト」をはじめとする客観式設問への対応力を養成
英語は毎回リスニング問題を収録
規則正しい生活リズムが早期に確立

 

 

解剖!毎朝テスト

 

例:英語毎朝テスト
①全72回、毎朝10分のテストで必要事項を網羅
②テスト後の「解答解説」でうろ覚えの知識を確実に定着
③授業で扱った内容・受験で必要とされる語彙力をフィードバック式に完全修得
④毎回リスニングを実施。キミの“慣れる”から“聴ける”、“聴ける”から“解ける”を可能に

 

maiasatest

 

英文法
「A」部では、『英文法』の入試必修知識を<必修補充><正誤><整序英作文>という出題形式を通してテストをおこなっていきます。

 

単語・イディオム・構文
語彙力・構文力を養成しています。「B」部では、単語では<意味><関連語(同意・派生語など)><スペル>が主な出題範囲です。

 

リスニング
毎回3分間程度、この「C」部でリスニングを鍛えます。共通テスト・私大で出題される形式に沿って構成されており、個人ペースでは上達が困難なリスニング力を、72回のテストをムリなく養成します。