一橋学院紹介movie
お電話はこちら

春の「無料イベント」プログラム

春休み期間は、志望大学合格に向けてのスタート地点!
英語・数学体験授業

一橋学院が誇る最良の授業を体験してください。
予約不要なので、当日のご参加も大歓迎!
 
 

新高3生・高卒生対象
日程 講座名 講師 時間
3月8日(木)
講座名
英語
講師
浅野
時間
14:00~15:00
3月10日(土)
講座名
英語
講師
篠原
時間
14:00~15:00
3月12日(月)
講座名
数学
講師
上谷
時間
14:00~15:00
3月13日(火)
講座名
英語
講師
関口
時間
14:00~15:00
3月14日(水)
講座名
数学
講師
古川
時間
14:00~15:00
3月15日(木)
講座名
英語
講師
浅野
時間
14:00~15:00
3月17日(土)
講座名
英語
講師
篠原
時間
14:00~15:00
3月20日(火)
講座名
英語
講師
関口
時間
14:00~15:00
3月22日(木)
講座名
数学
講師
高平
時間
14:00~15:00
3月24日(土)
講座名
英語
講師
篠原
時間
14:00~15:00
3月27日(火)
講座名
英語
講師
浅野
時間
14:00~15:00
3月31日(土)
講座名
英語
講師
戸原
時間
14:00~15:00
4月3日(火)
講座名
英語
講師
戸原
時間
14:00~15:00
難関大入試研究セミナー

2018年に実施された本物の問題を使用して各大学の傾向を踏まえた解説講義を行います。
 4月から始まるカリキュラムに向けて、君たちが目指す「難関大」が求める学力の全容を、まず3月に明らかにさせてしまうのが狙いです。難関大合格のためには、確固たる圧倒的な知識量がまず必要です。且つ、その大学特有の出題傾向をクリアする理解力・思考力・表現力が欠かせません。
 それぞれの目標大が「求めること」に沿って勉強を進めることが、受験を乗りきるには最もスマートだと思いませんか?
 是非、それぞれの難関大入試が指し示す「道程」と「ゴール地点」を「本研究セミナー」で体感してください!!
 
 

新高3生・高卒生対象
日程 講座名 講師 時間
3月12日(月)
講座名
東大英語
講師
篠原
時間
17:00~18:30
3月15日(木)
講座名
一橋大英語
講師
戸原
時間
17:00~18:30
3月16日(金)
講座名
慶大英語
講師
関口
時間
17:00~18:30
3月20日(火)
講座名
早大英語
講師
浅野
時間
17:00~18:30
3月19日(月)
講座名
慶大小論文
講師
クロイワ
時間
17:00~18:30
3月24日(土)
講座名
一橋大数学
講師
高平
時間
17:00~18:30

 

国語「2018センター試験」セミナー
センター試験古文 講師:谷島 康敬
3月 7日(水) 17:00~18:30 対象学年:新高2生・新高3生・高卒生
センター試験古文 講師:谷島 康敬
センター試験の古文におきましては、受験生になじみの薄い「初見の文章」が出題される傾向にあります。これは、前提知識の有無を問うのではなく、論理的に矛盾なく古文を読み解く力を受験生に求めているからです。こうした力を獲得していくためには、いたずらに「量」をこなすことで満足するような学習法でなく、一字一句ないがしろにせず、あらゆる文章を規範通り解釈していくことを積み重ねるほかはありません。
 このイベントでは、今年のセンター試験の問題を使って、通釈に至るまでの過程を解説いたします。<本物の古文の力>をどのように身につけていったらよいか、この90分で発見してください。

 

センター試験現代文 講師:片岡 裕之
3月10日(土) 17:00~18:30 対象学年:新高2生・新高3生・高卒生
センター試験現代文 講師:片岡 裕之
 センター試験の現代文は独学では得点が伸びにくく、非常に差がつきやすい科目です。確固たる真の「読解力」でなければ高得点は望めません。このイベントでは、センター試験というどの受験生にも避けて通れない素材を通して、「読解力」向上に向けた今後の学習指針を伝えます。
 センター現代文では、評論・小説ともに受験生に求めているものがはっきり決まっていますので、その必勝対策法ももちろん伝授します。
文系・理系とも必須の講座です。

 

テーマ別セミナ-
古文解釈研究法  講師:谷島 康敬
3月14日(水) 古文解釈研究法 17:00~18:30 対象学年:新高2生・新高3生・高卒生
古文解釈研究法  講師:谷島 康敬
【講師紹介】
 自力で古文を論理的に解釈する方法を著した『古文解釈詳解』、また、その論理のもとで演習する「古文解釈トレーニング」、その他著書多数。古文の実力は「慣れや過去問演習量で身につくはずはなく、《論理的に解釈する方法の理解と実践》にある」という谷島先生の授業は、みなさんがいままでに経験したことのない斬新な古文授業になることでしょう。

【講座紹介】
 古文の成績を上げるために、《単語や文法を覚えなさい》《たくさん読みなさい》《慣れれば読めます》などといわれている人はいませんか?
 実は、まったく読んだことも見たこともない古文を自力で解釈していくためには、常に一定の論理を通して矛盾なく解釈していく方法論を身につけねばなりません。成績UPのコツは、解釈の量でも、知識の量でも、慣れでもなく、「質」が支配するものなのです。そのための手段と方法を90分授業の中で教授し、誰よりも早く、一歩リードした受験勉強をスタートできるようにしていきます。

 

計算技法の大原則  講師:江川 博康
3月17日(土) 17:00~18:30 対象学年:新高2生・新高3生・高卒生
計算技法の大原則  講師:江川 博康
【講師紹介】
 センター試験から津々浦々の全国難関大学入試問題に精通し、解説の明瞭さ、数学の技法に関する造詣の深さは多くの受験生を合格へ牽引しています。
受験数学をまさに知り尽くした精鋭講師。

【講座紹介】 
 「たかが計算、されど計算」とはよく言われますが、計算はすべての問題に現れるため、絶対に軽視できません。そこで、計算スピードを上げるための技法および計算ミスを極力少なくするためのポイント、すなわち「計算技法の大原則」を数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの具体的な問題を通して解説します。本セミナーによって、数学の計算力のみならず合格への最短コースを歩まれることを願っています。

 

受験生の親の在り方  講師:鈴木 正太
3月11日(日) 13:00~14:30 全学年保護者
”効率のよい”学習法  講師:鈴木 正太
【講師紹介】
 一橋学院の進学アドバイザーとして13年間受験指導をし、進学EXPOや高校などでも講演を手がける。合格するために必要な「考えて動く力」や「心のあり方」を日々生徒に伝えている。受験で身につく能力は一生モノ、この講座を受けた後、「いちばん行きたい大学へ」すぐにでも勉強を始めたくなるでしょう。

【講座紹介】
お子様が一番行きたい大学に合格するために、親子のコミュニケーションの在り方について探究していくセミナーです。
わが子に真に望んでいるものはなにか?
その想いに寄り添い、子どもが本来持っている能力を最大限に発揮するにはどうしたらいいのか?
親として子どもの力になるためにはどう接すればよいのか?
これらの疑問に対して、傾聴力や提案力といったコーチング的技法も取り入れながら、
ものの見方や捉え方を学び、目に見えない心についても触れていきます。
受験を通してすべてに通じる原理原則を学び、子どもとともに親も成長していく場になればと思います。

 

“効率のよい”学習法  講師:鈴木 正太
3月25日(日) 13:00~14:30 対象学年:全学年
受験生の親の在り方  講師:鈴木 正太

【講座内容】
 でも、実際どうやって勉強すればいいかわからない…、要領悪いし今の勉強法でいいのかな…、やる気はあるけど集中力が続かない…、などなど悩みはつきないのではないでしょうか?
 そんな受験生のために、今すぐ効率よく勉強できる思考法と学習法をお伝えします。
 どんなに勉強時間を増やしても、間違った方法や意識では、自ら切り拓けたはずの道を閉ざしかねません。行きたい大学があるならば、いずれにせよ受験から逃げられないならば、思いっきり勉強してみませんか?

 

OBイベント  -3月の勉強がモノを言う-
3月18日(日) 13:00~14:30 対象学年:高卒生
【講座紹介】
「はあ~今年はダメだったなあ。予備校始まったらまた頑張ろ」と思っているそこのアナタ!それでは遅いです!来年の入試までもう1年切っているのですよ!ノーベル文学賞受賞のボブ・ディランは言いました。「今日が大事だ。明日ではない。」
覚悟して臨んだ浪人時代、わずか1年で医大に合格し高校の先生から「奇跡が起きた」と言われた現役医大生だからこそ分かる、予備校開講前の大切さとは?皆さんそれぞれが3月をどう過ごすべきか、共に考える90分です。

 

受験のしくみと予備校の活用法
4月8日(日)・15日(日) 10:30~11:30 対象学年:全学年・保護者
【講座紹介】
1.大学入試のしくみ  2.合格するために必要なこと
3.予備校の活用法   4.一橋学院の特徴
大学入試のしくみと、合格するために最低限知っておくべき学習法と思考法についてお話しいたします。また、予備校に求めるべきポイントと判断する基準についてお伝えします。

 

特別セミナー
90分でAO推薦入試がわかる!
3月13日(火) 17:00~18:30 対象学年:全学年
”講師紹介:クロイワ 正一
【講師紹介】
一橋大学社会学部、同大学院商学研究科経営学修士コースにて、コミュニケーション論、人材開発論を修める。厚生労働省キャリア・コンサルタントとして難関大合格に向けての小論文指導カリキュラムの作成、模試の作問・校閲などに携わる。法科大学院入試や司法試験予備試験の小論文、国家公務員試験の教養記述の指導など、大学生を対象とした小論文指導にも携わる。

【講座内容】
大学進学の一つの手段としてAO・推薦入試にもチャレンジしたいと考える高校生と保護者の方々のための入門的なセミナーです。
「AO・推薦入試ってどんなことを準備すればいいですか」といった初歩的な質問から、「○○大学のAO・推薦入試に合格するための秘策とは」といった突っ込んだ内容にも答えられるセミナーです。
私立大学における半分の入学者がAO入試や推薦入試等で大学に進学しており、国公立大学でもAO・推薦入試で進学する学生は増えています。これまで、旧帝大・難関国公立大学をはじめ、慶應義塾大学・早稲田・上智などの最難関私立、GMARCHの合格に導いた、絶対的なノウハウをすべて公開いたします。

 

大学入試改革で対策すべき3つのこと
3月31日(土) 18:00~19:30 対象学年:全学年
”講師紹介:クロイワ 正一

【講座内容】
「新テスト」を始めとした大学入試における教育改革のポイントと対策がスカッとわかるセミナーです。新テストはこの春の新高校1年生から始まりますが、すでに大学入試の英語では、新制度を先取りした評価基準を取り入れている大学学部も目立ちます。その変化は、一言でいうと「棒暗記の結果が問われる時代から論理的思考や表現力が問われる時代への移行」です。このような時代に高校生はどのような能力を身につけ、何を準備していけばよいのか。予備校での講義、教員への研修(FD)や中央官庁、地方自治体の職員研修などにも携わり、教育改革に精通しているキャリアコンサルタントの講師が、自身大学生と高校生の子どもを持つ保護者である立場から、各所で仕入れた情報をお伝えします。

 

これでバッチリ!!英文法
講師:浅野 修慈
3月21日(水・祝) 15:30~18:30 対象学年:新高2生・新高3生
講師:浅野 修慈
【講師紹介】 浅野 修慈先生
 アサシューの愛称で生徒から信頼の厚い人気の講師。測定テストの終了直後に行われる問題の解説授業は「なるほど!」の連続。「やるからには心を入れて!」と呼びかけて、一人ひとりの表情をしっかり確認しながらアツい授業を進めていきます。効率の良い学習方法は「アサシュー」が伝授します。

【測定テスト】
 「これでバッチリ!!英文法」は、センター試験第2問(文法小問題)の中から良問・典型問題100を厳選し、限られた時間内にどれだけの文法得点力がみなさんにあるのかを客観的に測定します。解答時間は60分です。

内 容 時 間
受 験 届 15:30~15:40(10分)
測定テスト 15:45~16:45(60分)
解説授業 17:00~18:30(90分)