一橋学院紹介movie
お電話はこちら

考えるキャリアデザイン

レベル別少人数制で確実に学力アップ、ワンランク上へ、着実にステップアップ
AO・推薦入試はなぜ増えているか(1)|東京大学でも推薦入試を採用
お読みくださり、ありがとうございます。
成熟時代をたくましく生き抜くキャリアデザインを支援する
厚生労働省指定キャリア・コンサルタントのクロイワ正一です。
一橋学院でも小論文を指導しています。

 

2016年4月入学の生徒募集から
「AO入試・推薦入試を導入していない数少ない大学」の
象徴的存在であった東京大学が、
後期試験の後継として推薦入試の正式導入を決定しました。

 

私が大学入試の多様化を察知し、
『推薦・AO入試!超(ULTRA)マニュアル』(KKロングセラーズ、1999)
という本を著したのは、遡ること16年前です。

 

その後もAO入試や推薦入試に関する多くの参考書、
映像教材などの制作に携わってきたせいか、
高校や予備校・塾、または大学合同説明会の主催者から、
AO・推薦入試の対策講座やその指導法に関する
教員研修の依頼を受けることが年100回ほどあります。

 

しかし、
近年そうした機会で不可思議な質問を受けることも多くなりました。
「私立大学では入学者の半分以上がAO入試、推薦入試など、
 特別入試経由になった」といった報道が新聞紙面を飾り始めた
2008年辺りからでしょうか、
高校生、先生、保護者の方々から
「AO入試や推薦入試で大学に入ると就職に不利なのですか」とか
「AO・推薦で大学に入ると内定が取れないって本当ですか」などと
問われる回数が増えてきたのです。

 

なぜそのような質問をするのか、理由を問うと、
多くの方からこうした答えが返ってきます。
「AO入試や推薦入試を経由した進学者は、
 一般入試対策のような勉強をしていないから、
 学力レベルが低い。それゆえ、企業に倦厭される」と。

 

この、あまりにも乱暴かつ稚拙なロジックに対して、
大学入試だけでなく大学生の就職活動支援や
企業の採用面接官トレーニングにも携わっている私は、
当初は失笑しながら、こう対応していました。
「まともな企業の採用活動では、
 そのような履歴を問う余裕はありませんし、
 逆にそんな馬鹿馬鹿しい採用基準を持つ会社に入らない方がいいでしょう」と。

 

そう即答できた背景には、20数年間、さまざまな企業の
人材採用・育成の支援に従事してきた経験から得た採用基準がありました。
「企業が採用すべき学生を評価する基準は、そのようなモノサシではない。
 まして21世紀社会では、なおさらそうである」という確信があったのです。

 

次回は、「AO・推薦入試経由の学者生が就職活動で不利」という発言の危うさを、
論理的かつ実証的に示します。ご期待ください。

 

一橋学院では、難関大を目指すために必要な勉強だけでなく、
進路のアドバイスを生徒一人一人にチューターがついてアドバイスしています。

 

校内生は、そうした機会をもっと利用して欲しいですし、
まだ学院生でないというあなたにも、周囲のリソースを十分活用して、
ご自身に合ったキャリアを歩んでいただきたいです。

 

まずは、ぜひ、一度、一橋学院にお立ち寄りください。
お待ちしています!

 

 

小論文を学ぶ効用(3)|グローバル人材の要件
成熟時代をたくましく生き抜くキャリアデザインを支援する
厚生労働省指定キャリア・コンサルタントのクロイワ正一です。
一橋学院でも小論文を指導しています。

 

今、小論文の力が必要な3つ目の理由は、
「グローバル社会を生きる基礎力となるから」です。

 

成熟時代に必要なキャリア戦略成熟時代に必要なキャリア戦略
日本社会は経済成長を終え、
成熟時代に突入しています。
さらに、グローバル化とITの進展が
地球的規模での分業を加速させています。
このような時代を社会人として生き抜くには
「変化への対応力」と「創造力」が必須要件となります。

 

どういうことでしょうか。

 

第一に、成熟社会の特徴として
「もの余り」という現象があります。
成長期には、車や家電など、
それまで存在していなかったものが
一般家庭にも広がっていたため
「つくれば売れる」という前提がありました。
それは、そのまま労働力需要にもつながりました。
社会が、ものやサービスを欲していますから
企業は、そこに供給するものをつくりさえすればよかったのです。
ものをつくり、サービスを提供するには人が必要ですから
企業は積極的に人を採用しました。

 

つまり、成長期には
雇用は、社会や企業に依存していれば自然と生まれたのです。

 

しかし、成熟期になると
すでに社会はものやサービスで満ち溢れていますので
新たに生み出す必要性が減りました。

 

あわせて、低炭素社会など環境保全志向が浸透し
「ものつくり」そのものに対するブレーキもかかっています。
それゆえ、物理的な労働力の需要は大幅に減退してきたのです。

 

このように考えると、
成熟社会に必要とされる人材の要件は
市場の需要の変化を察知し
市場が、社会が必要とする
新たな製品やサービスを創造できる能力であると言えるのです。

 

・グローバル化の時代グローバル化の時代

 

第二に、「もの余り」が進むと言っても
生活必需品など消耗品の需要は減りません。
そこには、物理的な労働需要が相変わらず存在しているのです。

 

しかし、グローバル化の影響により
かつてのレベルの製品やサービスを
人件費も家賃も高い日本でつくるのは
効率的ではなくなってきてしまいました。

 

単純労働は新興国の工場に任せたり
安い人件費でも働いてくれる外国人労働者の方々に任せた方が
割のいい時代になってしまったのです。
ここにも、成熟社会の職業人に
「変化への対応力」と「創造力」が求められる理由があります。

 

・ITの発達による省力化ITの発達による省力化

 

第三に、さまざま事務、営業の仕事を
コンピュータが人の代わりにやってくれる時代の到来も
従来の労働需要の減退を促しました。
かつては「営業事務」などという職種がありました。
営業員の数字を取りまとめたり
顧客からの問い合わせに電話で対応したりする仕事です。
ところが、現在このような中間的な仕事はあまり必要なくなりました。
営業員はパソコンを持ち歩き数字を入力すれば
ウェブで飛んだ数字をコンピュータが勝手に集計してくれます。
顧客からの問い合わせにも
ホームページが受けてくれます。

 

極端な例では、
注文を受けるところから入金管理、発送まで
一切人の手がかからないシステムを築いている会社もあります。
コンピュータの力が人手に取って代わってしまったのです。

 

こうした社会で求められる人の力は
「コンピュータにはできないこと」です。
あらかじめプログラムしたことだけを正確にこなすのが
コンピュータの役割ですから、
その限界を超える能力を身につければいいのです。

 

それがプログラム外に飛び出す力
つまりは、想定外の変化に対応できる力であり
この世にない価値を創造する力なのです。

 

・小論文の王道【ULTRA】小論文の王道【ULTRA】

 

そして、このような力は
小論文の学習を通じて身につけることができます。
さまざまな素材を探り
自分独自の論を築いていくのが
小論文の答案をつくるプロセスですから
既存の常識、固定観念を超越する発想を身につける力が
養われるのです。

 

少なくとも
私が提唱する“ULTRA”という小論文の解法には
そのような力を養成するメカニズムが内包されています。
できるだけ多くの皆さんが
この講座を通じて、
21世紀の成熟社会を生き抜く力を養われることを祈ります。

 

一橋学院では、難関大を目指すために必要な勉強だけでなく、
進路のアドバイスを生徒一人一人にチューターがついてアドバイスしています。

 

校内生は、そうした機会をもっと利用して欲しいですし、
まだ学院生でないというあなたにも、周囲のリソースを十分活用して、
ご自身に合ったキャリアを歩んでいただきたいです。

 

まずは、ぜひ、一度、一橋学院にお立ち寄りください。 お待ちしています!

 

 

小論文を学ぶ効用(2)|就職活動で有利になる
お読みくださり、ありがとうございます。
成熟時代をたくましく生き抜くキャリアデザインを支援する
厚生労働省指定キャリア・コンサルタントのクロイワ正一です。
一橋学院でも小論文を指導しています。

 

今、小論文の力が必要な2つ目の理由は、
「就職活動を突破できるから」です。

 

小論文の力で就職活動に勝つ小論文の力で就職活動に勝つ
大学入学は人生の最終的な目的ではありません。

 

大学で培った知識、思考力、スキルを
いかに社会貢献のために活用するかということが
大学に進学する本来の目的です。
そのきっかけとして就職活動がありますが
近年、就職活動においても小論文の力が求められています。

 

第一に、多くの民間企業では
「エントリーシート」という名目で
多角的に志望動機を問うてきます。
また、筆記試験でも小論文を課すケースが増えています。

 

企業の採用担当者に
「なぜ面接試験や適性試験に加えて小論文を課すのですか」
と問うと、まず「落とすためです」と応えます。
日本では、グローバル化やITの進展とともに
生身の人間が行う労働需要が低下しているため
「できれば少数の有能な人材のみ採りたい」
というのが、企業の本音なのです。

 

そのために
面接で調子のいいことを言えるだけでなく
自分の考えを
文章でも論理的に表現できる能力を問うているのです。
民間企業だけでなく
病院など医療機関の採用試験でも小論文は必須です。

 

第二に、公務員試験でも
「教養記述」などという名目で小論文が課されます。
国家公務員試験でも、地方公務員試験でも同じです。
さらに、司法試験などの資格試験でも論述力が求められます。

 

第三に、より高度な知識を身につけるために
大学院に進学する必要がありますが
その入試でも、研究計画書の提出や
試験として小論文が課されます。
典型的なのが法科大学院、すなわちロースクールです。
「ステートメント」という名目で
法曹を目指す理由を事前に提出させたり
筆記試験として「小論文」を課したり
文章での論理的表現力が、
法科大学院進学には必須の能力なのです。

 

一橋学院では、難関大を目指すために必要な勉強だけでなく、
進路のアドバイスを生徒一人一人にチューターがついてアドバイスしています。

 

校内生は、そうした機会をもっと利用して欲しいですし、
まだ学院生でないというあなたにも、周囲のリソースを十分活用して、
ご自身に合ったキャリアを歩んでいただきたいです。

 

まずは、ぜひ、一度、一橋学院にお立ち寄りください。
お待ちしています!

 

 

小論文を学ぶ効用(1)|進学先を広げる
成熟時代をたくましく生き抜くキャリアデザインを支援する
厚生労働省指定キャリア・コンサルタントのクロイワ正一です。
一橋学院でも小論文を指導しています。

 

文部科学省では
「AO入試や推薦入試だけでなく、一般入試でも小論文や面接など
 表現系の科目を必須にしよう」と動いています。

 

では今、なぜ小論文の力が必要なのでしょうか。
一つの理由は、進学の幅を広げられるからです。

 

小論文とは
「論」すなわち「あなたの考え」を
数百字から千字前後という「小さいボリューム」で
まとめる文章です。

 

本格的な論文は、数千字から数万字に上りますので
大学入試で問われる600字、800字、1,200字
といった字数の意見文は、まさに「小論文」といえるのです。

 

この小論文を書く力を養っておくと
多様な大学入試にチャレンジすることができます。

 

AO入試、推薦入試などでは
「本学を志望する理由を2,000字以内でまとめなさい」
といった志望理由書の提出を求められますし
筆記試験でも小論文が課されます。

 

また、国公立大学の後期試験でも
小論文を課す大学はとても多いのです。
さらに、ほとんどの学部で小論文を課す大学もあります。

 

例えば、政財界、言論界、医療界、技術界に
多くの有能な人材を輩出してきた慶應義塾大学では、
一般入試でもほとんどの学部で小論文が課されます。

 

さらに、医学部、看護学部、医療衛生学部、保健科学部など
医療関係の国家資格者を養成するほとんどの学部でも
小論文が課されます。

 

人と接し、その命を扱う仕事ですので
「しっかりとした考えを持ち、表現できる力は必須」
と見なされるのでしょう。

 

もし小論文の力を養う努力を継続していれば
上記のようなさまざまな大学に進学する可能性が 開かれるのです。

 

 

キャリア教育|「逆算」の発想で人生設計

成熟時代をたくましく生き抜くキャリアデザインを支援する
厚生労働省指定キャリア・コンサルタントのクロイワ正一です。
一橋学院でも小論文を指導しています。

 

大学受験において、
「合格から逆算して勉強しよう」といったメッセージが、
マスメディアから流れてきます。

 

社会人の人生設計も、会社の経営もそうだなと納得します。

 

さらに発展的に考えを巡らせると
「大学合格からの逆算」では足りないですね。
大学合格は、若年期のほんの1プロセスに過ぎないので
少なくとも25歳、いや、30歳くらいに自分はどうなっていたいかを考えて
「受験勉強以前」に「こんな社会人になりたい」といったビジョンを
描いておく必要があります。

 

この観点からも、
高校における、否、中学におけるキャリア教育が
重要であることは論を待たないのです。

 

いまだに経済成長期のような発想で
「大学に入ってからじっくり将来を考えればいい」と
のんびり構えていては、結局ハズレくじを引いてしまう。

 

そのように指導されて
それを鵜呑みにして入学してきて
就職活動で苦戦し挫折する学生をたくさん見てきました。

 

「正直者がバカを見る」時代であってはなりません。
上級学校に進学する以前に
「将来はどんな社会人になりたいのか」を
考える時間をじっくりと設けるべきです。

 

なるほど
「時代の変化が激しいからそんなことを考えていてもしかたない」
といった事なかれ論もありましょうが
「変化に対応するための思考力」を養うためにも
社会環境、労働環境を理解し、自分とのマッチングを考える
キャリア教育が有効なのです。

 

一橋学院では、難関大を目指すために必要な勉強だけでなく、
進路のアドバイスを生徒一人一人にチューターがついてアドバイスしています。

校内生は、そうした機会をもっと利用して欲しいですし、
まだ学院生でないというあなたにも、周囲のリソースを十分活用して、
ご自身に合ったキャリアを歩んでいただきたいです。

まずは、ぜひ、一度、一橋学院にお立ち寄りください。
お待ちしています!