一橋学院紹介movie
お電話はこちら

センター試験

いちばん行きたい大学へ。その想いに「少人数教育」でこたえます。
センター試験とは
img15a1g2640_1正式名称は「大学入試センター試験」。国公立大学を受験する際の一次試験に位置づけられるもので、国公立大学の受験生には必須の試験として利用されてきましたが、現在では私立大入試でも利用されることから、多くの受験生が受験する試験になっています。(平成30年度:553,762人)
試験はマークシート方式で行われ、出題内容・レベルは高1・高2の教科書をしっかりとマスターしているかに重きを置き、受験者の平均点が60%程度になるように作成されています。また、2006年からは外国語の試験に個別音源(ICプレーヤー)を利用したリスニングも採用されるなど、導入当初から比べ変化しています。
センター試験において注意したいのは、各国公立大学によって受験しなければならない科目が異なっていたり、配点も各大学の独自の裁量によって決められている(一部の大学においては、センター試験を2段階選抜にのみ使用するところもあります)ので、受験生による募集要項等での事前の下調べが不可欠というところです。
一方、私立大では大学入試の仕組みの中で、今やセンター試験は中心的な役割となっており、現在では殆どの大学で利用されているのが現状です。その最大のメリットは、受験生においては個別に対策をせずとも、出願さえしていれば、自動的に合否の判定をしてくれる点です。(一部の大学では、2次試験もあります)また、大学としても個別に作問しなくて済み、容易に入試の複線化を進めることができます。
センター試験は、成績開示を希望していても、成績がわかるのは、早くても4月から。 
受験生は、受験翌日の正解をみて、自己採点を行い、その予想の中で出願をしなくてはなりません。
2018年度のセンター科目一覧
試験日 出題教科・科目
第1日 地理歴史
公民
「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理,政治・経済」
国語 「国語」
外国語 「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」
第2日 理科1 「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」
数学1 「数学I」「数学I・数学A」
数学2 「数学II」「数学II・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」
理科2 「物理」「化学」「生物」「地学」
出願期間と出願方法等
1)出願期間
平成30年10月1日 (月) ~10月12日 (金)
(10月12日消印有効。10月13日以降に到着したもののうち消印がないものについては,10月12日までに郵便局の窓口に差し出されたことが確認できるものに限り受理)
2)出願方法
区分 出願書類 提出方法
高等学校または中等教育学校を卒業見込みの者
※特別支援学校の高等部を含む
※高等学校卒業程度認定試験合格(見込みを含む)は、下の「上記以外の者」により直接出願すること。
①志願票
記入後にコピーを取り,原本を提出し,コピーは保管。

②検定料受付証明書
志願表に貼り付ける。
学校経由出願
上記以外の者
※上記学校の卒業者や他の出願資格の者
①志願表
記入後にコピーを取り,原本を提出し,コピーは保管。

②検定料受付証明書
志願表に貼り付ける。

③出願資格を証明する書類
個人直接出願
簡易書留郵便で郵送
3)出願確認
大学入試センターから、10月29日(月)までに確認はがきが送付される。